サバイバーナースの会

 ぴあナース

患者と医療をつなぐ心のかけ橋




ぴあナースとは

私たちは、がんを経験した看護師による患者支援の会「ぴあナース」です。

自分自身が患者の立場になって初めて知る患者としての気持ち。改めて自らの看護を振り返るとそこに、患者と医療者との間に想いのすれ違いや遠慮によって壁があり患者の心が置き去りにされていることに気づく。この貴重な体験を患者支援に活かしたいと同じ志の仲間と2010年10月サバイバーナースの会「ぴあナース」を立ち上げました。

がん経験者であり、医療現場も理解できる私たち「ぴあナース」が専門的支援者「ピアカウンセリング・ナース」としてのスキルを身に付け、ピアカウンセリングが全国各地で行えるようネットワークを構築し、患者と医療をつなぐ心のかけ橋を目指します。


ごあいさつ

がん」という言葉を自分に向けられると、その言葉の衝撃の強さに、恐怖心が募るばかり。「なんで私が?」告知を受けた瞬間から、がん患者としての生活は一変し、たくさんの苦悩を抱える。また治療を選択する際、「効果が高い」という理由だけでは決断できない事情があることもわかりました。なぜなら治療後も人生は続くのだから。

 私にとって、がんは大切なことを教えてくれた神様からの贈り物だと思っています。病院の枠、立場を超え、職場や地域の中でもがんについて気軽に語り合える偏見のない社会でありたいと願います。皆様とのご縁が繋がりますように。

代表 上原 弘美


主な活動内容

 

【研修目標】

①ぴあサポートを理解し、がん経験を看護に生かすことができる

②コミュニケーションの基本、傾聴、共感ついて再認識と看護師がついやってしまうことに自分で気づき、意識を変えることができる

 


 

 

 

 

  • 会報誌発行      『ぴあナース通信』
  • メルマガ配信 
  • ホームページ       


news!!

2017/12/19      お知らせ  12月16日 院内患者会世話人連絡協議会、上原代表講演UPしました

2017/12/19      お知らせ  12月2日 目白大学がん初心者講演会UPしました



寄付金の募集