私たちのビジョン


 

 

がん患者であり、看護師である私たちは両者の視点を活かし、

患者と医療者の架け橋となり、

がんになっても自分らしく暮らせる社会の構築に貢献します。

ミッション

  • がん患者さん及びご家族と医療者の心の架け橋になります。
  • 自らの役割を追求し続けます。
  • がんを経験した看護職者の一人一人が身近でできることから取り組みます。

活動内容


 1.専門支援者「ピアカウンセリング・ナース」の養成と患者支援

 2.自らの経験を活かし、がんを経験した看護職者への支援

 3.全国サバイバーナース間の情報共有

 4.サバイバーナースに関する調査研究と社会へ向けた情報発信

 5.サバイバーナースとしてのがんに関する啓蒙活動

スーパーバイザー

  • 聖路加国際病院精神腫瘍医長 保坂 隆
  • 琉球大学医学部附属病院がんセンター医師 栗山 登至
  • 友愛会南部病院麻酔科医長 笹良 剛史

協力団体